ホッとな情報MEDIA

季節のイベント・生活に関するお役立ち情報をお届けします。

母の日の手紙の書き方は?書き出しや例文までご紹介!

                  

投稿日:

母の日に貰ったお手紙は、お母さんにとっての宝物。

どんなプレゼントより、感動したというお母さんが多いもの。

もちろんプレゼントも嬉しいけど、より子供の気持ちが伝わりやすいのが手紙です。

 

普段、照れくさくて言いにくいことも、お手紙なら書けたりしますよね。

ただ、手紙の書き方に悩む人も多いかと思います。

そこで、こちらでは母の日に贈る手紙の書き方、書き出しや例文も併せてご紹介します。

スポンサーリンク

母の日の手紙 書き方は?

母の日に、実のお母さんに普段言えない感謝の気持ちを伝える手紙。

この手紙が、他の何よりのプレゼントになります。

私のお母さんも、手紙を大切に保管してくれているようで、照れくさいけど嬉しいです♪

 

ですが、普段あまり手紙を書かない人にとって、母の日に手紙といっても書き方に悩まれる方も多いでしょう。

実のお母さんでも、改まって敬語で書くの?とかいろいろ悩んだりしますよね。

というわけで、母の日に贈る手紙にはどんな内容を書くと良いのか、書き方のコツをご紹介します。

 

■ 普段使っている言葉で大丈夫

手紙となると、少し改まった文面にすることもありますが、母の日であれば普段通りで大丈夫です。

お母さんからすると、その方があなたの温かみを感じられます。

 

目の前にいるお母さんに話しかけるように、手紙を書いてくださいね。

※但し、義母へのお手紙なら敬語にしましょう

 

■ 必ず手書きにしましょう

やはり想いを伝えるには、手書きが一番でしょう。

字が汚いとか、そんなことは気にすることはありません!

あなたが心を込めて書いてくれたことが、お母さんの心を打ちます。

ただ、丁寧に書こうという気持ちは大事ですよ。

 

■ 感謝の言葉を必ず入れる

お母さんへの感謝の気持ちは、必ずいれましょう。

普段言っている”ありがとう”の言葉と、手紙で伝える”ありがとう”ではまたちょっと伝わり方も違います。

 

改まって、お母さんに伝える”感謝の気持ち”。

口では照れくさくて言えなかったりしますので、母の日という機会にしっかり気持ちを伝えましょう。

 

■ 1つエピソード入れる

何かお母さんとの話題を、一つ盛り込むのも良いでしょう。

お母さんが自分の為にしてくれたこと、旅行した時の楽しかった思い出のことなど。

 

お母さんとあなたのエピソードを交えて、手紙を書くと温かみが増します。

読みながら”ニコっ””ほろっ”と、してもらえる手紙になるでしょう。

 

■ お母さんへの想いで締める

そして、手紙の締めくくりにはあなたの想いを込めましょう。

”元気でいてね”など、お母さんの身体を気遣う言葉などで締めるとまとまりが良いですよ。

あなたの名前も、最後に必ず入れてくださいね。

 

また、自分に子供がいれば、孫からのメッセージも一言添えると更に素敵な手紙になりますよ。

 

母の日の手紙の書き出し

手紙を書きなれてないと、書き出しから悩んでしまいますよね。

実のお母さんへに向けた”母の日の手紙”の書き出しの例もご紹介しますね。

 

お母さんへ。

  • 照れくさくてなかなかいえてないけど、いつもありがとう。
  • いつも本当にありがとう。
  • いつも優しくしてくれてありがとう。
  • いつも優しく見守ってくれてありがとう。

など。

 

母の日の手紙の書き出しは、感謝の言葉から入ると続きが書きやすいです。

普段、敬語を使うなら敬語にして、あなたの言葉で感謝の言葉を綴りましょう。

 

スポンサーリンク

母の日の手紙の例文

手紙なんだから、自分が伝えたいことを書けばいい。

例文を使ったら、意味がないなんていわれたりしますが、手紙を書きなれてないと悩みますよね。

 

というわけで、いくつか母の日の手紙の例文をご紹介します。

 

【例文①】

お母さんへ。

いつも素敵な笑顔で傍にいてくれてありがとう。

お母さんの温かい笑顔に、いつも励まされているよ。

疲れている時も、体調が悪い時も私(俺)のために頑張ってくれてありがとう。

照れくさくて、普段なかなか言えないけど・・・。

お母さんにとても感謝しているし、尊敬もしてるよ。

今度は、私が親孝行しないとね!

いつまでも元気でいてね。

○○

 

【例文②】

お母さん。いつもありがとう。

最近、会いに行けてなくてごめんね。元気にしてる?

一人暮らししてみると、お母さんの有難みを本当に感じるよ。

私の為に、毎日こんなに沢山のこをとしてくれていたんだね。

お母さんの子供に生まれて幸せです。

たっぷりの愛情で包んでくれて、本当にありがとう。

これからは、お母さんの為の時間も沢山楽しんでね。

また、一緒に食事にも行こうね。

これからも、体を大事にして元気でいてください。

○○

 

【例文③】

お母さんへ。

いつも一番の味方になってくれてありがとう。

辛い時・苦しい時、いつもお母さんに支えてもらっているね。

この前は、沢山愚痴も聞いてくれてありがとう。

おかげで、とても気持ちが楽になったよ。

私も、お母さんのような素敵な人になれるよう頑張るね!

今度は、私がお母さんの笑顔を引き出したいな。

いつまでも素敵なお母さん。

これからも、健康で過ごしてね。

○○

 

【例文④】

お母さんへ。

毎日、沢山のお仕事お疲れ様。

何から何まで、お母さんに助けてもらってごめんね。

本当にありがとう。

お母さんの美味しい料理のおかげで、毎日のご飯が楽しみだよ。

だけど、しんどい時は言ってね。

頼りない部分もあるけど、無理せず頼ってきてくれると嬉しいよ。

これからも、体に気を付けて健康でいてね。

○○

 

【例文⑤】

お母さん、元気に過ごしてるかな?

自分で子育てしてみて、お母さんがいかに偉大かがわかったよ。

お母さん、本当に沢山の愛を注いでくれてありがとう。

最近は、なかなか連絡出来てなくてごめんね。

こんな忙しい中、お母さんは仕事もしてたんだから、本当に驚いているよ。

まだまだ、半人前だけどお母さんのようになれるかな。

お母さんの自慢の娘になれるよう頑張るね!

また、会いに行くし電話もするから、元気に過ごしていてね。

○○

スポンサーリンク

母の日の手紙の書き方 まとめ

母の日の手紙では、素直にお母さんへの想いを綴れば大丈夫です。

実のお母さんなら、普段の口調で畏まりすぎないのがポイント。

 

字が汚いなどは気にせず、手書きにしましょう!

その方が、温かみやあなたの想いがずっと伝わりやすくなりますよ。

感謝の言葉”ありがとう”を必ず入れて、普段言えないような気持ちも伝えてみてくださいね。

-母の日

Copyright© ホッとな情報MEDIA , 2018 All Rights Reserved.