ホッとな情報MEDIA

季節のイベント・生活に関するお役立ち情報をお届けします。

ホワイトデーいらないと言われた!女性の本音は?お返しするかしないどっちがいい?

                  

更新日:

バレンタインに女性から発せられた”ホワイトデーはいらない”という一言。

本当にお返しはいらないという意味でしょうか?

 

それとも、いらないと言いつつ・・・。

女性の本音はどこにあるのか。

男性からすると、この辺りの判断に困りますよね。

 

そこで、ホワイトデーはいらないと言われた場合、女性の本音としてはどうなのか。

また、実際にお返しをするかしないか、どちらが良いのかという点について、女性目線でお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ホワイトデーはいらないと言われた

最近は、バレンタインチョコを渡す時に、”ホワイトデーはいらない”の一言を付け加えることも増えています。

 

言葉のまま、真に受けるのはやっぱりマズイのか・・・。

女性の言葉って、とにかく本音がどこにあるのか掴みにくい!

 

思っている事と反対の事をいうことも、普通にありますから・・・。

女の私がいうのもなんですが、本当に面倒なところがありますよね。

 

男性からすると、どっちだよ!ってなりますよね。

さて、こんな時はどう考えれば良いのか見ていきましょう。

 

ホワイトデー 女性の本音は?

さて、複雑な女性の本音について考えていきましょう。

まず、ホワイトデーいらないという言葉が持つ女性の心理について。

 

■ 本当にいらない

多くはないですが、本当にいらないと思っている女性も確かにいます。

これも、いくつか理由があって・・・。

 

・日頃お世話になっているお礼だから

日頃の感謝の気持ちを込めたプレゼントだから、お返しはそもそも必要ない。

むしろ、感謝の気持ちだったのにお返しを貰うと悪いことをした気分になるという場合。

 

・安いチョコだから

安いチョコにもいろいろありますが、大容量のチョコを買って小分けして配ったような場合は、そもそもお返しを期待していない女性も多いです。

 

■ 深く関わりたくない

少々失礼なケースですが、あなたと関りを持つのをそこまで望んでない場合。

だったら、義理チョコなんて渡すな!ってなりますよね。

 

ですが、職場などでみんなに平等に渡す場合、何人かだけ渡さないっていうことも女性からすると難しい選択です。

後は、チョコを渡すつもりはなかったけど、催促されて渡した場合も、お返しはいらないということがありますね。

 

■ 控え目にみせたい

ここからは、本音では“お返しがほしい”と思っている場合。

この辺り、男性からすると面倒くさいですよね。

 

ですが、“お返しを期待しているあざとい女性だと思われたくない。”という女心なんですよね。

控え目に見せようとするあたり、あざといのは確かなのですがこれも女心でしょう。

 

■ 遠慮している

理チョコを配る女性も増えたので、お返しの負担を考えて遠慮している場合。

いらないというのは、半分本音といえますね。

 

してくれたら嬉しいけど、負担を掛けるのは悪い・・・と思う女性も多いです。

あなたのお財布事情も考えての一言ですね。

 

■ お金は掛けなくていい

本当にいらないのではなく、安い・簡単なものでいいという場合。

女性のややこしいところで、いらないと言っても用意するものでしょ?といった本音があります。

 

いらないと言いつつ、安くてもいいから細やかなお返しはくれるだろうと思っている女性は結構多いです。

 

 

女性の本音は、だいたいこのような感じです。

実際にいらないと思っている場合も確かにありますが、相手の女性の本音を探るのは難しいですよね。

 

本当に要らない時だけ、“いらない”と言ってほしいですよね。

女性も空気を読んでるところがあるのですが、男性にとっては理解できない行為でしょう(;´Д`)

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し する・しない?

女性の言葉は、言葉通りにいかないことも多いので、実際にはいらないと言いつつ、お返しを期待していることも少なくありません。

 

やっぱりね・・・と思った男性も多いでしょう。

では、ホワイトデーお返しはどうする?

 

女性が何と言おうと、

基本的にはホワイトデーにお返しを渡しましょう!

 

本命であれば、なおさら。

お財布事情が厳しいという状況でもない限り、何かしら彼女の気持ちに応えてあげてください!

 

義理チョコの場合も、少なくとも個別で渡されたチョコの場合はお返しをする。

お値段は、同等程度で十分です。

 

義理チョコであれば、500円~1000円程度が相場なので数百円のもので大丈夫です。

貰ったチョコの値段と同じくらいの細やかなものにすると、本当にいらないと思っている女性も負担なく受け取れます。

 

チロルチョコなど、明らかに安いチョコや“みなさんでどうぞ”タイプの大容量チョコを一粒食べたくらいなら、お返しはなくても大丈夫とえいます。

そもそも、お返しを期待してません。

貰えたら、素直に嬉しいですけどね(笑)

 

私自身も、義理チョコのお返しがないことも多かったです。

ただ、ホワイトデー当日に顔を合わすなら、飲み物1杯でもおごってあげられる男性の方が素敵に見えますね。

 

顔を合わせているのに、ホワイトデーの話題に一切触れないというのも、ちょっと微妙な気がします。

別に期待していたわけでもなくても、モヤモヤしてしまう女性も多いでしょう。

 

というわけで、いらないと言われたとしても、無理のない範囲でお返しをすることをおすすめします。

スポンサーリンク

ホワイトデーいらないと言われた まとめ

女性は、本音と別のことをいうことも少なくありません。

ホワイトデーに関しても、その傾向が現れますよね。

 

男性にとっては、ややこしくて仕方ないですね。

いらないというのが本音であっても、お返しを用意してくれると嬉しいものです。

 

というわけで、本音がどちらであっても、やはりお返しはした方が良いでしょう。

同額程度にしておくと、相手の女性も負担なく受け取れますし、素直に喜んでくれるでしょう。

-ホワイトデー

Copyright© ホッとな情報MEDIA , 2018 All Rights Reserved.