ホッとな情報MEDIA

季節のイベント・生活に関するお役立ち情報をお届けします。

予算500円のバレンタイン!チョコ・甘くない義理はコチラ!

                  

更新日:

バレンタインも迫ってくると、いよいよ義理の準備にバタバタしてきますよね。

義理チョコなら、やっぱり出費を抑えたい。

できれば予算500円くらいかな?という人が多いでしょう。

 

あげる人数にもよりますが、複数人に用意するとなると結構高くつこともありますしね。

そこで、今回は予算500円のバレンタインでチョコ・甘くない義理をご紹介します。

スポンサーリンク

予算500円でバレンタイン

義理チョコといえば、相場は500円程度ですよね。

あまり高くても、複数貰う男性は大変・・・。そもそも、私たち女性のお財布敵にも厳しい。

 

というわけで、予算500円ぐらいでバレンタインチョコを探す人は多いですよね。

だけど、義理ともなると探し回るのも疲れる。

 

というわけで、予算500円のバレンタインをご紹介しましょう。

 

バレンタイン 500円のチョコ

まずは、予算500円でバレンタイン定番のチョコから!

友達や同僚など、気軽な間柄の人への義理におすすめのチョコです。

 

あまおうを使ってしまった贅沢なチョコ♪

サクサクのクランチチョコは、万人受けしますよね。

程よい、いちごの風味が後を引きます。

 

パッケージも、シックで安っぽくないのがいいですよね。

ただ、ハートなので勘違いしそうな人にはご注意。

職場で、みんな同じにすればそういう心配もないとは思いますが(;・∀・)

 

 

ぷるっぷるの柔らかい餅の食感が人気!

定番のチョコから少しズラしたお餅タイプ。

但し、甘いもの苦手な人だと、ちょっと厳しいかも。

 

パッケージもおしゃれで、安っぽくないのがいいですね。

大きさもコンパクト過ぎないので、渡しやすいです。

こういうちょっとしたデザイン面も、会社などで渡す場合なら大切ですよね。

 

定番のカカオのチョコではありませんが、黄な粉チョコタイプ。

チロルチョコの黄な粉も大人気なので、結構はまる人が多いでしょう!

 

義理チョコは、定番のチョコを貰うことが多いので、一味違う黄な粉チョコはお口直しにもおすすめ。

こちらのパッケージも渋くて、そのまま渡すのも抵抗ありません♪

 

もっちもちの柔らかい求肥にはまってもらいましょう!

 

しっかりした抹茶の味が楽しめると評判。

同じように見えて、抹茶の濃さはそれぞれ違います。

ただ、3枚なので薄型でコンパクトです。

 

渡す時になって、小さい・・・とならないようにサイズは確認しておいてくださいね。

チョコの質は確かなので、義理チョコには良いでしょう。

 

バレンタインに500円でブランドものにするなら!

どうせ安いなら、名の知れたチョコにしておくと安っぽい感が薄れると感がたりしますよね。

そこで、ブランドチョコで500円以内のものをご紹介します。

 

高級チョコの王道といって間違いないゴディバ。

安いチョコが沢山入ってるより、高級チョコ少数の方がいいという男性も意外といるもの。

 

高級チョコは、自分で買うことが少ないもの。

男性であれば、こういう機会しか食べないという人が多いです。

2粒で、かなりコンパクトなのでゴディバでも勘違いされることはまずないでしょう。

 

ゴディバなら、こちらの方が若干グレードアップ。

同じ2粒ですが、こちらの方が高級感は断然でますよね。

 

ゴディバならではの、深いカカオの味わいが堪能できる2粒。

会社で配るなら、こちらの方が高級感が感じられておすすめです。

同じ予算500円でも、ゴディバとノーブランドでは受け取る人の印象も替わってくるものです。

 

 

予算を抑えたいときの強い味方”モロゾフ”

小さすぎず程よいサイズ感なので、義理チョコとして渡しやすいですよね。

ハートが入ってるので、勘違いにはご注意ください!

 

たぶん大丈夫だとは思いますが、中には”お?気があるのか?”と思う人もいるかも・・・。

ハイブランドのチョコより、少し落ちますが。

 

普段から高級チョコを食べてる人でもない限り、美味しいといってくれる人が多いでしょう。

 

モロゾフなら、こちらの9粒タイプもボリューム感があっておすすめ。

いろんなタイプのチョコも楽しめるようになっています。

 

チョコ好きの人には、いろいろ楽しめるのも嬉しいでしょう。

見た目も、安っぽく感じさせない雰囲気です。

 

安くて、それなりのチョコとして人気のメリー。

ゴディバなどのハイブランドとは、別物ですが。

義理チョコの定番として、愛されています。

 

ただ、パッケージがかなり可愛いんですよね。

安いチョコだからと油断せず、勘違いに注意したいところです。

同じチョコを配るなら、大丈夫ですけどね。

 

バターサンドで知られる六花亭。

カラフルなチョコで、可愛い雰囲気なので義理チョコにぴったり。

ただ、パッケージがちょっと安っぽい雰囲気にはなります。

 

同じ年や後輩とか、身近な人への義理チョコに良いですね。

目新しい雰囲気で、印象に残るチョコになりますよ。

スポンサーリンク

バレンタインに甘くない義理なら?

贈る相手の中に、当然甘いものが苦手な人嫌いな人がいることもありますよね。

そういった場合は、甘くない義理を探すのに苦労するもの・・・。

 

そんな悩みには、こちらがおすすめです。

 

レモンの香りが漂う、すっきり味のサブレ。

サブレなら、甘いもの嫌いな人でも食べる人が多いですよ。

さらに、こちらはレモン風味のさっぱり系なので特におすすめ。

 

ザクザクっとした食感に、爽やかな味わいで癖になるかも♪

チョコが苦手・甘いもの苦手な人にピッタリでしょう。

 

バレンタイン感は薄いですが、これは狙い目!

カレー煎餅が好きな人は、結構多いですよね♪

甘いもの嫌いだと憂鬱になるバレンタイン。

 

お!!カレー煎餅??と、驚きつつ喜んでくれる可能性大です。

ただ、そのまま渡すと目立つので紙袋とかに入れて渡した方が、持って帰りやすいでしょう。

 

小石に扮したクッキーのこちらもおすすめ。

甘みはありますが、チョコよりは断然抑えられます。

小石といっても、コロンっとしてるだけなのでおしゃれな雰囲気です。

 

個包装なので、会社に置いておいてパクっと食べるにも丁度良い。

程よい量で、飽きもこないでしょう。

 

予算500円のバレンタイン まとめ

義理チョコは、あまりお金を掛けたくないですし。

予算500円ぐらいで見つけたいものですよね。

▶義理チョコ関連のまとめページはこちら!

 

かといって、あまりにもその辺に売ってるものは渡しづらい。

そんな時におすすめの予算500円で買えるチョコ・甘くないお菓子をご紹介しました。

500円の義理をお探しの場合、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-バレンタイン
-

Copyright© ホッとな情報MEDIA , 2018 All Rights Reserved.