ホッとな情報MEDIA

季節のイベント・生活に関するお役立ち情報をお届けします。

バレンタインの告白を断るならいつ?断り方と振る場合のお返しをどうすべきかも解説!

                  

更新日:

バレンタインに告白されたけど、当然断る男性もいますよね。

当日、その場で返事しなかった場合、いつ返事するべき?

ホワイトデーでいいの?

 

できるだけ傷づけたくないし、断り方はどうしよう。

と、告白を断るのは誰でも気まずいですし悩みますよね。

そこで、今回はバレンタインの告白を断る場合はいつ?断り方と振るならお返しはどうすべきかについて、女性目線でお伝えします。

スポンサーリンク

バレンタインの告白を断るならいつ?

バレンタインに告白された・告白の手紙が入っていたなど、告白を受けることがありますよね。

気持ちは嬉しいけど・・・付き合えない。

そんなこともあるはず。

 

その場で返事をしなかった場合、返事のタイミングが難しい。

ホワイトデーでいいの?と悩んでしまいますよね。

 

これについてですが、断るなら早めに断りましょう。

“振る”意思が揺らぐことがなければ、早ければ早いほど良いです。

 

ホワイトデーまで、一ヶ月もモヤモヤ・不安と期待が渦巻く中で過ごすのは辛いです。

ダメかも・・・と思っていても、やはり期待もしてしまいますからね。

時間が長くなるほど、フラれた時のダメージが大きいです。

 

ただ、多少なりと迷っているなら、じっくり考えてからで大丈夫。

告白されてから意識し出すこともありますからね。

ですが、遅くともホワイトデーには返事をした方が良いでしょう。

 

彼女がいるとか、何かしらの理由で、完全にお付き合いする気が“ない”場合は、できるだけ早く!!が女性に対しての思いやりでもあります。

 

そして、今こうして悩んでいるということは、バレンタインチョコなど何かしら受け取った方だと思います。

これ受け取ってよかったの?返すべき?と悩まれる人もいますよね。

 

これは、受け取ったままで良いでしょう。

例外として、高額の品物とかなどはさすがに返した方が良いですね。

 

ですが、バレンタインチョコなど食べ物なら、とりあえず受け取ってほしいという女性が多いものです。

むしろ、一旦受け取ってもらった物を返されるのは、精神的ダメージが大きすぎます。

 

気を持たせないという意味で、受け取らない・返すといった男性も多いですが、受け取ってもらえないというのは、想像以上に傷つきます。

断るにしても、気持ちは受け止めてくれた方が救われるという人が多いでしょう。

 

バレンタイン 告白への断り方

次に難しいのが、バレンタインの告白に対しての断り方。

これは、バレンタインに限らず断る場合に悩む人が多いでしょう。

 

どんな断り方をしても、傷つけるのは変わりはないのですが、やはり断り方で傷つき度合いも違ってきます。

そこで、まず告白を断る際に気を付けたい点をご紹介します。

 

告白の傷つけない断り方のポイント

  • はっきり断る(曖昧な表現を使わない)
  • 原因は自分にする
  • 感謝の気持ちは必ず伝える

 

まず、はっきり・きっぱり断ることが大切。

曖昧な表現だと、わずかな可能性に期待してしまいます。

 

また、“タイプじゃない”など、デリカシーのない断り文句は避けること。

断る時は、自分に原因があるように言うことが大切。

そして、気持ちは嬉しかったということは必ず伝えてください。

 

告白の断り方 例文

【例文①】

告白嬉しかったよ。ありがとう。

だけど、しばらく仕事を頑張りたいから誰とも恋愛できない。ごめん・・。

これからも友達として仲良くしていけたら嬉しいよ。

 

【例文②】

手紙ありがとう。気持ち嬉しかったよ。

チョコも美味しかった^^

でも、実は好きな人がいるんだ・・。

だから付き合えない。ごめんね。

 

などなど。

自分の状況に合わせて、相手ではなく自分が理由で断ることがポイント。

女性として見られないとかは、避けてほしいですね。

それなら、これからも友達でいたいと思っているとかの表現の方が救われます。

 

告白してフラれるわけですから、まったく傷つけずにというのは難しいもの。

ですが、言葉を選んでできるだけ傷つかないようにしたいですね。

 

とはいえ、期待をもたせるような曖昧な表現は余計に傷つける結果となります。

はっきり断るという部分は、意識してくださいね。

スポンサーリンク

バレンタイン 振る場合のお返しはどうする?

その場で、返事をしなかったということはバレンタインのプレゼントを受け取った人が多いでしょう。

先ほどもいいましたが、高額の小物などでない限り基本的に突き返すことはおすすめしません。

 

となると、お返しはどうする?となってしまいますよね。

これは、自分と相手の女性との関係性で判断しましょう。

 

■ 親しい友達同士の場合

この場合、これからも友達として付き合っていく可能性も高いですよね。

何かしら、お返しをしておいた方が良いでしょう。

 

ただ、期待をさせるようなものは避けたいところ。

クッキーなどで、気軽な雰囲気のものを選ぶことをおすすめします。

 

■ 職場の女性の場合

義理チョコのお返しを配る人は、一緒にお返しをしましょう。

というのも、他の人にお返しを渡しているのに、その女性にだけ渡さないのは不自然です。

 

周りに勘ぐられたら女性も可哀そうなので、ここはみんな同じようにお返しを渡す配慮をしてあげたいところ。

 

■ 顔を合わすことが少ない女性の場合

あまり面識がない・たまにしか合わない女性など、会うことが少ない女性もいるでしょう。

この場合、すでに断っているなら、敢えて呼び出して渡すのはお互いに気まずいです。

 

傷口を塩を塗られてるみたい・・・っと思う女性もいるので、お返しをしないというのも配慮です。

 

このように、相手との今の関係性、そして今後も親しくしていくのかどうかなどを踏まえて判断してみると良いでしょう。

 

バレンタインの告白を断る場合 まとめ

女性は、バレンタインに勇気を振り絞って告白しています。

ホワイトデーまでは長いので、断ることを決めているなら早めに伝えましょう。

但し、断るにしても相手の気持ちに配慮した断り方をすることが大切です。

 

ですが、傷づけないようにと気遣うあまり曖昧な表現を使うと、期待を持たせてしまうのでよくありません。

断り方に配慮しながらも、きっぱり断るのがポイント。

 

お返しをするかは、相手との関係性によって判断してみてください。

女性によって、捉え方も違うので難しいですが、あなたが出来る配慮をしてあげれば良しですよ。

スポンサーリンク

-ホワイトデー

Copyright© ホッとな情報MEDIA , 2018 All Rights Reserved.