ホッとな情報MEDIA

季節のイベント・生活に関するお役立ち情報をお届けします。

根来寺の桜 屋台はでてる?見ごろ・開花状況!車でのアクセス・駐車場情報も!

                  

更新日:

根来寺の桜は、和歌山県を代表する桜の名所の一つ。

岩出市にある根来寺では、桜の花が開く時期になると多くの人で賑わいます。

今年も、多くの人で賑わうこと間違いなしのおすすめ桜スポットです。

花見に行く時は、屋台を楽しみにしている人も多いですよね。

 

そこで、根来寺の桜を見にいく時に屋台はでているか、ライトアップの有無や桜の時期。

また、根来寺に車で行く場合のアクセス・駐車場情報・混雑具合もお伝えします。

スポンサーリンク

根来寺の桜 屋台はでるの?

根来寺は、境内だけでも約3,000本もの桜が咲き乱れ、桜が満開になると根来寺とのコントラストがとにかく美しいです。

また、周辺の桜も入れるとなんと約7,000本!

36万坪という広大な敷地に広がる7,000本もの桜はまさに圧巻です。

 

桜の花見シーズンには、桜だけでなく屋台を楽しむというのも醍醐味ですよね。

根来寺の桜を見に行く場合、屋台も楽しめるのでしょうか?

 

根来寺の桜シーズンには、屋台がでています。

桜が旬を迎えると、週末だけでなく平日も屋台が出ることが多いですよ。

但し、屋台というのは人の多さに比例して出店されるので、屋台・露店を楽しみたい!という方は念のため週末を選びましょう!

 

ちなみに、根来寺の桜を楽しむのには料金が発生します。

料金:500円

※小学生以下は無料

 

昔は、もっと奥まで見て回る時だけだったのですが、最近はかなり手前になりました。

ですので、根来寺で桜を楽しむのなら500円は必要と思っておいた方がいいですね。

 

根来寺の桜はライトアップされる?

約7,000本の桜の木々が並ぶ根来寺ですが、桜のライトアップはあるのでしょうか?

根来寺では、一部ライトアップされています。

ですが、これは桜を照らすためのものではありません。

 

では、どこがライトアップされているのかというと・・・。

根来寺のライトアップ:国宝の大塔・大門

期間:3月20日ごろ~4月15日ごろ

時間:日没~21時まで

 

根来寺の見どころ

■ 大塔

木造の大塔の中で、日本一となる高さを誇る大塔。

その高さは、約40メートルもあり、国宝に指定されています。

なんとも威厳を感じられる重厚感と大きさに、圧倒されるでしょう。

 

日本で、唯一大塔に足を踏み入れることができるのが根来寺。

とても貴重なことなので、ぜひご覧ください。

 

そして、大塔の柱に注目!

火縄銃の弾痕が残っているのです。

豊臣秀吉に攻め入られ(根来攻め)、敗れたことでほとんどが焼かれてしまった根来寺。

 

そんな中、大塔・大師堂など一部のみ何とか残ったといいます。

その当時の、壮絶な戦いが刻み込まれた柱は息をのむ重みを感じられます。

 

■ 大門

数少ないライトアップ箇所の一つにもなっている大門。

昼間に訪れた際も、根来寺の花見に訪れるならこの大門も見逃せません!

戦にて、焼け落ちた為1850年に再建されました。

 

その高さは、約17メートルでこちらも圧巻です。

また、大門といえば周りの桜とのコントラストが素晴らしいのです。

大門の左右に位置する仁王像の凛々しい姿と、儚げで優しい雰囲気の桜。

 

この2つの融合が、とても印象的で思い出に残りますよ。

桜の背景に見える大門と仁王像は、絶好の撮影スポットです。

また、大門をくぐった先に広がる桜道もうっとりしてしまいますよ。

 

■ 古木(シダレザクラ)

根来寺のシダレザクラ
全体でみると約7,000本もの桜で、根来寺周辺を春の彩りで染めてくれます。

“日本さくら名所100選”にも選ばれるほど、その美しさは人々を魅了しています。

 

境内の向かい側には、樹齢200年を超えるといわれている古木の“シダレザクラ”。

市では、この桜の木を天然記念物に指定し、大切にされています。

 

また、一番数の多い桜の品種は“ソメイヨシノ”で約4,500本。

さらに約600本のネゴロザクラなど、それぞれの桜の花の雰囲気も違うので、見ていて飽きませんよ。

 

また、周辺に道の駅もあるので、一緒に立ち寄られる人も多いですよ。

道の駅 根来さくらの里の場所・情報はこちら【楽天たびノート】

 

スポンサーリンク

根来寺の桜 見ごろ・開花状況

せっかく桜の花見に行くなら、やはり満開の時期に行きたいですよね。

根来寺の桜の見ごろは、いつ頃なのでしょうか?

根来寺の桜 見ごろ:3月下旬~4月上旬

 

満開という意味では、4月上旬になることが多いですね。

根来寺の桜の開花状況ですが、公式には発表されていないので、電話で聞くか行って確かめるしかないんですよね。

 

例年、だいたいこの時期ですが気温変動で若干ズレ混むので、気になる方は根来寺に問い合わせしてから訪れてみてくださいね。

 

根来寺の拝観時間

大塔・大門のライトアップが21時までということで、夜も拝観できるのかな?と思ってしまいますよね。

ですが、根来寺の拝観時間はライトアップの時間とは違うのでご注意ください。

 

  • 3月:9時15分~15時30分
  • 4月:9時15分~16時

こちら、電話で問い合わせして聞きました。

で、あれ?と思ったのが公式サイトに記載されている時間帯と違うんですよね。

 

最近になって、変わったのかもしれませんね。

根来寺に関わらず公式サイトの情報が古いことは、よくあることなので・・・。

 

というわけで、こういう時は直前に電話で確かめる。

もしくは、短い方の時間で間に合うように予定を組むと良いでしょう。

 

ちなみに、境内には入れませんが周辺にも桜が咲いているので、夜桜は楽しめますよ!

昼間とは、違った艶やかな桜が見られます。

根来寺に車で行く場合のアクセス方法

お花見シーズンは、根来寺も混雑しやすいです。

その為、混雑を考えると公共交通機関を使うのもおすすめ。

 

ですが、車で行きたいという人も多いですよね。

根来寺の花見の場合、駅からさらにバスなどに乗ることになるので・・・。

というわけで、こちらでは車での行き方をご紹介します!

 

●大阪方面などから

阪和自動車道の“泉南IC”で降りる

⇒岩出方面に進む

⇒“岩出・根来インター南”の交差点に来たら左に曲がる

 

●京都・奈良方面から

京奈和自動車道の“岩出・根来IC”で降りて右へ

⇒岩出・根来インター南の交差点まで来たら左折

 

●和歌山市内・橋本・奈良方面から

国道24号線を走り、“備前”の交差点で左へ(泉南IC方面)

⇒“岩出・根来インター南”の交差点に来たら右へ

 

4月上旬・根来寺の桜が満開になる時期は、周辺道路から渋滞が始まっています。

お車で行く場合は、渋滞覚悟で向かいましょう。

根来寺の周辺情報はこちら【楽天たびノート】

 

根来寺の桜 駐車場情報

和歌山・根来寺の桜の花見に車で行くなら、駐車場の有無や混み具合も気になりますよね。

根来寺駐車場は、無料で停められます。

収容台数:約80台

 

ちょっと収容台数が少ないのが気になりますね。

やはり桜の見ごろかつ週末であれば、花見客が多く満車になることもあります。

その場合、警備員の方が他の駐車場に誘導してくださいます。

 

週末ともなれば、空車がでるまでしばらく待つこともあると思っておいてください。

また、他の駐車場に誘導された場合、少し距離が離れているので歩くことになる可能性も考えておきましょう。

 

車でのアクセスのデメリットも踏まえて、車にするか電車&バスにするかを決めてみてくださいね。

スポンサーリンク

根来寺の桜 屋台情報などのまとめ

根来寺の桜は、和歌山でもトップクラスの人気を誇ります。

約7,000本もの桜と根来寺のコントラストは、目を見張るものがあります。

 

人の集まるところに屋台ありと言われたりしますが、花見客で賑わう根来寺の桜の時期にも屋台が立ち並びますよ。

お花見シーズンで、特に土日であれば屋台・露店を楽しめるでしょう。

 

車で行く場合、駐車場はありますが大規模ではありません。

その為、混雑を考えて午前中の早い時間から動いた方がスムーズに停められるでしょう。

-イベント・レジャー
-,

Copyright© ホッとな情報MEDIA , 2018 All Rights Reserved.