ホッとな情報MEDIA

季節のイベント・生活に関するお役立ち情報をお届けします。

相模原納涼花火大会2019の屋台情報・混雑状況!最寄り駅は?

投稿日:

神奈川県相模原市で毎年開催されている「相模原納涼花火大会」。

例年約20万人を超える来場者数となり、相模原市を賑わせています。

花火大会といえば・・屋台はでる?!

来場者数20万人というと混雑も心配・・・。

 

中でも、混み合う時間帯やバス等の状況が気になる方も多いかと思います。

そこで、実際に行ったことがある地元民から、

相模原納涼花火大会の屋台情報、混雑状況とともに最寄り駅などアクセス方法をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

相模原納涼花火大会2019の日程・時間

最初に、相模原納涼花火大会2019のがいつ開催されるのか日程や時間をご紹介します。

日程:2019年7月15日

時間:19時~20時15分頃

場所:中央区、相模川高田橋上流(水郷田名)

打ち上げ数:約8000発

 

相模原納涼花火は、本当に傍で見られるのでとにかく迫力がすごいです^^

 

すごく近いのが、この画像からもわかりますよね!

スターマインの早打ちなんて、圧巻♪

躍動感のある花火で、終始楽しませてくれます。

 

相模原納涼花火大会2019の屋台情報

相模原納涼花火大会は、約20万人を超える来場者数で相模原市でかなり有名なお祭り。

なので、人が沢山集まるとあればやっぱり屋台・露店も沢山でます!

屋台数ですが、200店くらいは出ていることが多いです。

 

相模原納涼花火大会 屋台の時間と場所

屋台の出店時間:17時頃~21時頃

屋台の出店場所:高田橋下の相模川河川敷

 

屋台は、夕方17時頃から徐々に賑わい始めます。

相模川河川敷に、ぎっしりと所狭しと並び毎年屋台の場所は大賑わい!

ちょっと足場が悪いので、浴衣の人など動きづらいかも・・。

 

花火開始前になると人も増えるので、屋台や露店を楽しむなら夕方辺りからがおすすめです。

近くにコンビニ等はかなり少ない場所ですが、屋台で十分フォロー可能♪

 

屋台の種類も、定番のたこ焼きや唐揚げ、

かき氷・フルーツ飴など、大人も子供も楽しめるバリエーションです。

 

様々なデザインが施された屋台の暖簾に、ついつい1店舗ごと誘われてしまいそうになります(笑)

大きな花火大会でも屋台が少ないことも多いので、相模原納涼花火大会の屋台数には大満足です!

スポンサーリンク

相模原納涼花火大会2019の混雑状況

来場者数から想像できるように、やはり相模原納涼花火大会は毎年混雑がすごいです。

混雑のピークやどんな混雑状況もお伝えしますね。

 

相模原納涼花火大会で混雑ピークとなる時間帯

混雑ピークの時間帯:18時頃・20時頃

ちょうど開演が近くなり来場による混雑、そして花火が終わる少し前の時間帯から退場による混雑。

 

会場と駅を結ぶ道路や駐車場はぎゅうぎゅうで、自由に動くのが難しいほどの混雑です。

最寄駅から離れているため、バスか自家用車での移動が多くなりますが・・・。

 

バスの場合、お昼頃から徐々に混雑し始めるので朝から支度をして早めに行動することをおすすめします。

車の場合も、15時頃から徐々に混み、18時頃には長い渋滞に飲まれます。

バスでも車でも、15時以降になると花火開始前に来場できない可能性も・・。

 

それほど、道路が混雑・渋滞するのでご注意ください。

帰宅時も同様で、祭り終了直後は渋滞はもちろん会場も混雑します。

 

なので、スムーズに帰るには・・・

最後の方の花火は帰りの車内で見るか、祭り終了から1時間ほど待ってから帰るかのどちらかが良いかと思います。

 

もしお時間に余裕が持てるのであれば、

お祭りの余韻を楽しみながら後からゆっくり帰るのをおすすめしますね。

 

相模原納涼花火大会 会場の混雑について

相模原納涼花火大会の会場内ですが、夕方前から場所取りをする方が多いです。

開始前から混雑が始まり、18時にはごった返すような状態。

帰りは、混雑を考えて早めに帰る人も多く、少し早い20時頃がピークになります。

 

この帰りの混雑は、まっすぐ歩くのが多少困難です。

さらに、トイレ・屋台も大行列となります。

トイレに関しては、会場の外には貸出等もほとんど無いので要注意!

 

早めに会場に行き、混雑する前に利用する。

また、トイレからあまり離れていないところで、場所取りをすれば多少は快適かもしれません。

 

会場は混雑していますが、花火始まると屋台の混雑具合も緩和。

屋台の設置場所は、多少花火も見える位置なので、開始してからの時間帯も狙い目です。

 

相模原納涼花火大会2019の最寄り駅は?

混雑状況でも少しお話しましたが、相模原納涼花火大会の開催場所は最寄り駅から距離があります。

自転車や歩きで行くのも可能ですが、自転車で行ってもかなりの距離で疲れました。

さらに、坂道も多いのであまりおすすめできません。

 

自転車で行った際ですが、会場が近くなると徒歩の方の長い列・バスと車の渋滞にも巻き込まれ、結局早く着くことができませんでした。

なので、電車で来る人は最寄駅までは電車、そこからバスというのが良いでしょう。

電車・バスでのアクセス方法

各最寄り駅からのルートをご紹介します。

 

最寄り駅:JR横浜線 淵野辺駅

南口より出る

→バス「淵53系統 田名バスターミナル行」

→約30分終点で下車

→徒歩約15分

ココに注意

本来30分で到着するバスのルートですが、

花火大会当日15時を過ぎると2時間以上掛かります。

15時を過ぎたバスでは、間に合わないかもしれないと思っておいた方がいいですね・・。

 

最寄り駅:JR横浜線 相模原駅

南口より出る

→相模原駅からバス「相17系統 水郷田名行」

→約30分終点で下車

→徒歩約5分

同じく30分では到着できなくなります、こちらも同様に15時までに乗ってしまった方が良いでしょう。

 

その他、こちらの駅からもアクセス可能です。

・JR相模線 上溝駅
バス「淵53系統 田名バスターミナル行」→約15分終点で下車し、徒歩15分

 

・JR横浜線、JR相模線/京王電鉄 橋本駅
バス「橋57系統 田名バスターミナル行」もしくは
「橋59系統 田名バスターミナル行」→約15分終点で下車し徒歩15分

 

そして、いずれのバスも1時間に2~3本しか走ってないというのが問題。

明らかにバスの本数が足りてないです。

その為、乗るまでにまず苦労しますし、そこからの渋滞でとにかく到着まで果てしない・・・。

 

花火に絶対間に合わせたいという方は、

遅くても15時までに駅からバスに乗ってください!

 

車でのアクセス

■圏央道相模原愛川ICより国道129号線経由で約20分

■圏央道相模原ICより県道511号線経由で約20分

こちらもお間違えないようにですが、相模原納涼花火大会当日には20分では到着できません。

 

相模原納涼花火大会の駐車場

収容台数:2500台

料金  :2000円

 

車での来場も、同じく15時を過ぎるとどんどん到着が厳しくなります。

駐車場も満車になってしまうので、早めに移動してくださいね^^

スポンサーリンク

相模原納涼花火大会2019の屋台・混雑 まとめ

相模原納涼花火大会についてご紹介しました。

近い距離からのド迫力の花火が楽しめるのが魅力で、毎年遠方からも多くの人が足を運んでいます。

屋台も200店と多く、花火を楽しみながら美味しい屋台グルメを堪能できますよ♪

 

但し、アクセスで苦戦する人が多いので要注意です。

最寄り駅からも離れているので、バス・車を利用することになりますが15時を超えると大渋滞で進みません。

花火までに到着できない!と踏んだ場合は、バスを降りて歩くのも一つ。

 

なるべく15時まで、むしろ昼過ぎぐらいを目指すとイライラすることなく到着できますよ。

今年の相模原納涼花火大会へ行かれる方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-花火

Copyright© ホッとな情報MEDIA , 2019 All Rights Reserved.