ホッとな情報MEDIA

季節のイベント・生活に関するお役立ち情報をお届けします。

名古屋センチュリーホールのキャパ・座席表(見え方)!スケジュールは?

投稿日:

センチュリーホールは、名古屋国際会議場内に設置されている多目的ホールです。

有名アーティストによる音楽コンサートなども数々開催!

 

名古屋国際会議場内には、レストランやカフェといった飲食店やコインロッカーも完備されている利便性の良い会場です。

今回は、名古屋センチュリーホールのキャパや座席表(見え方)、スケジュールについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

名古屋センチュリーホールのキャパ・収容人数

センチュリーホールの収容人数は、最大で3012名。

横浜アリーナが17,000名、大阪城ホールが16,000名と、他の大規模なコンサート会場と比較すると少々規模は狭くなりますね。

 

ですが、コンサート等を行うには充分な広さで、

なんといってもアーティストとの距離も近いのが魅力♪

会場は、1階席、2階席、3階席と割り振られています。

 

センチュリーホールには、親子室もあるのですが、こちらは開放するかどうかはイベントによって違います。

また、キャパ(収容人数)は、コンサートなどによって変動があるのでご注意ください。

スポンサーリンク

名古屋センチュリーホールの座席表や見え方

コンサートやライブなどでは、やはり座席の見え方もきになりますよね。

そこで、3階まであるセンチュリーホールの場所ごとの見えをご紹介します。

 

センチュリーホール 1階席の見え方

名古屋センチュリーホールの座席表 1階

出典:https://www.nagoya-congress-center.jp/facility/century_hall/

1階席は、1,510席と一番席数が多くなっています。

前の方の座席は、ステージに一番近い席となりますが、

最前列から3列目くらいまでは近すぎてステージ全体は見えにくいこともあるので注意が必要です。

 

ですが、ステージ上の細部まで観覧することが出来るので、アーティストの顔などを良く見たいという方にはおすすめです!

ココに注意

11列目くらいまではあまり段差がないので、場所によっては見えづらいことがあります。

 

身長が低め人や子供連れの方は、避けた方がいいですね・・。

前に身長が高い人がいたりすると、頭で視界を遮られてしまいます。

背が高い人も、周りに気を遣ってストレスを感じるという人にはおすすめしません。

 

12列・13列目くらいが個人的におすすめで、12列の前には通路があるので他の列に比べて見やすいです。

ステージからの距離も近くて、バランスの良い席といえます♪

 

ちなみに、センチュリーホールの1階席は、後ろの方になるにつれて段差がついていく仕様。

20列を超えると、段差もしっかり付くので見えづらいというストレスも感じなくなってきますよ。

名古屋センチュリーホールの1階後ろの見え方

出典:https://www.nagoya-congress-center.jp/facility/century_hall/

段差がつくことで、アーティスト目線の位置になって表情がよく見えるので1階後ろもおすすめ!

 

センチュリーホール2階席の見え方

名古屋センチュリーホールの座席表 2階

出典:https://www.nagoya-congress-center.jp/facility/century_hall/

2階席は、774席になっています。

一階席より高さがあるので少しステージから離れてしまいますが、全体を見下ろすような形で見られるのが魅力。

 

特に、1列目の30番あたりですと真正面から見られるので、全体的にも部分的にも楽しめます!

2階の後ろの席は、高さも出てくるので最後列はステージ全体を見たい!という方におすすめ。

 

また、左右の席でもステージの一部が見えなくなってしまうほどにはなりません。

見づらさはそんなに感じないでしょう。

スポンサーリンク

センチュリーホール3階席の見え方

名古屋センチュリーホールの座席表3階

出典:https://www.nagoya-congress-center.jp/facility/century_hall/

センチュリーホールの最上階で、席数は718席です。

3階に関しましては基本的に「高さ」があるので、アーティストの表情は少し見えづらくなるのでご注意くださいね。

 

その代わり、ステージをしっかり見下ろせる形に。

細部よりも全体の動きを捉えたい方には、とても見やすい席でしょう。

名古屋センチュリーホール3階 端

出典:https://www.nagoya-congress-center.jp/facility/century_hall/

また、左右にずれると高さの効果で、正面とは違った新鮮な角度からステージが楽しめます。

前方と後方での差は、そこまで大きくありませんが、どちらかというとやはり最前列の方がが見やすいと思います。

 

このように席の場所により、見え方にも違いが出てきます。

ですが、センチュリーホール自体が中規模なため、基本的にはどの席からも見やすいのがこのホールの魅力!

 

公式サイトでは、座席の場所ごとに見え方の写真が掲載されています。

  センチュリーホールの座席・見え方を確認する

 

名古屋センチュリーホールのスケジュール(9月)

名古屋センチュリーホールで、公式発表されていうスケジュール(コンサート・ライブ)はこちらです。

名古屋センチュリーホール
スケジュール(9月)
9/1(日)  東山奈央 
18:00~
9/7(土)  高橋真梨子 
18:00~
9/8(日)  高橋真梨子 
17:00~
9/10(火)  LiSA 
18:30~ 
9/11(水)  LiSA 
18:30~
9/16(月・祝)  藤井フミヤ 
16:00~
9/23(月・祝)  SUPER BEAVER 
18:00~
9/24(火)  山下達郎 
18:30~
9/25(水) 山下達郎 
18:30~
スポンサーリンク

名古屋センチュリーホールのキャパ・座席表や見え方 まとめ

名古屋センチュリーホールは、中規模の収容人数・キャパでアーティストがよく見えるホールです。

3階席までありますが、基本的にどの席でも見やすいのが特徴。

好きなアーティスト・アイドルが、近い距離で見られますよ!

 

ただ、1階席の段差のない前列など注意点もあるので参考にしてみてくださいね^^

名古屋センチュリーホールは、各場所からの見え方が公式サイトで確認できるのでイメージしやすくなっていますよ。

スポンサーリンク

-イベント・レジャー

Copyright© ホッとな情報MEDIA , 2019 All Rights Reserved.