ホッとな情報MEDIA

季節のイベント・生活に関するお役立ち情報をお届けします。

インフルエンザ予防にマスクの効果は?種類や外し方に注意!

                  

投稿日:

インフルエンザ予防にマスクの効果はあるのでしょうか?
効果はない!っていう人も結構いますよね。

とはいえ、つけてないのも無防備な気が・・・。
インフルエンザは、高熱も出ますし大人でも辛いもの。

 

できれば、かかりたくないですよね!
だからこそ、インフルエンザ予防の対策が必須です。

そこで、今回はインフルエンザ予防にマスクの効果はあるのか?また、適した種類や外し方についてもご紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防にマスクの効果は?

インフルエンザが流行する時期には、予防のためにマスクをする人も多いですよね。
ですが、このマスクに効果がないという人がいたりします。

 

つけても無駄ってこと?!なのでしょうか・・・

効果がないといわれるのは、インフルエンザウイルスの大きさが原因でしょう。

実際、一般的に使われているような使い捨てマスクの目は、インフルエンザウイルスより大きいので、インフルエンザウイルスはマスクを通り抜けられるということに・・・。

 

ですが!
いわゆる直接の飛沫感染などは、マスクである程度防御できます。
くしゃみや唾などは、マスクでブロックできますからね。

 

また、インフルエンザウイルスは湿度に弱いウイルスです。

マスクをしていることで、口腔内がインフルエンザウイルスの力が弱る高い湿度を保つことができるようになり、感染しにくい口腔環境を維持できるということ。

さらには、インフルエンザウイルスは手から感染することが多いのをご存知ですか?

電車に乗ればつり革、会社ではドアノブ・スイッチなど多くの人が触れるものがありますよね。

 

実は、その時にインフルエンザウイルスが手につくことのほうが、飛沫感染よりも注意すべきといわれるほどです。

 

人間って、無意識に鼻や口・顔を触ったりしますよね。手に着いたインフルエンザウイルスが、手から感染してしまうわけです。

 

ですが、マスクをしていたら無意識に直接触るのを防げますよね!
という訳で、100%ではないですが、インフルエンザ予防の効果はあるといえるでしょう。

 

インフルエンザウイルスに適したマスクの種類

先ほど、お話したようにウイルスのサイズ自体は、普通のマスクであれば簡単にすり抜けられてしまうほど、インフルエンザウイルスの方が小さいです。

 

その上で、適したマスクといえるのは不織布のマスク。
※繊維で織られたものではないもの

 

使い捨てマスクは、たいてい不織布マスクです。
ガーゼマスクも、高い湿度が保てるので予防効果はあります。

 

ただ、インフルエンザ予防であれば使い捨てた方が安全だからです。
使い捨てマスクであっても、マスク使用ごとに捨てることをおすすめします。

 

これは、マスクの付け外しの際に、どうしても内側にインフルエンザウイルスが付きやすくなるというのが理由です。

外したマスクを、カバンに入れたり・・・手でべたべた触りますよね。

 

せっかくマスクをして、口や鼻を触らないようにしたのに、またそのマスクを付けるのは一歩間違えばインフルエンザウイルスを口や鼻に付けてしまうことになりかねません。

せっかく、マスクしているのに微妙ですよね。

 

こういった理由、大容量で使い捨てしやすい不織布マスクが適しているのです。

また、マスクにはサイズがありますので、できるだけ自分の顔に合うサイズをつけましょう。


スポンサーリンク

マスクの外し方に注意!

マスクは、インフルエンザウイルスが付いていると思って注意して外すことも大切です。

何気なく、バサと外してインフルエンザウイルスをばら撒かないように気を付けましょう。

それによって、手や腕についたらまた感染リスクにさらされます。

マスクの外し方

1. 耳にかけているゴムだけを持って、片方外す

2.  反対側もゴムだけを持って、外す
インフルエンザウイルスが付いている可能性があるので、口などを覆っていた部分には絶対触れないようにしてください。

3. 使い捨てにビニールに入れて、口を縛ってから捨てる
※ビニールは、予めマスクを入れやすいように開いておきましょう
ゴミ箱に蓋がついていれば、そちらでもOK!

4. そのまま何も触らないようにして、すぐに手洗いをする

その際、レバー式であれば留める時に触る上の部分に触れないように、下から手の甲を使ってレバーを上げましょう。

 

また、インフルエンザウイルスはアルコールも効果があります。

すぐに手洗いできないとき用の携帯用のアルコール用品を持っておくと便利ですよ。

 

インフルエンザ予防にマスクの効果 まとめ

インフルエンザウイルス単体でみるとマスクは、すり抜けてしまうサイズですが一定の予防効果はあります。

湿度を保ち、口や鼻をむやみに触らないというのは、インフルエンザ予防には欠かせない行為です。

特に電車などに乗られるのであれば、

インフルエンザ予防にマスク着用をおすすめします。

また、マスクは人に移さないという大事な役割を持っていますので、くしゃみや咳が出る時は、エチケットとして着用したいですね!

スポンサーリンク

-生活の知恵

Copyright© ホッとな情報MEDIA , 2018 All Rights Reserved.